ガラス修理を自分で行う方法や手順を解説していきます

普段生活をしていく際にガラスはとても重要な役割を果たしています。家の中と外を隔て、害虫や外気から室内を守ってくれます。そんな身近で重要な役割を果たしてくれているガラスも突然破損してしまうことがあります。例えば、台風による激しい風だったり、石の破片が飛んできたりです。何が起こるかは予測不可能です。そんなとき、ほとんどの人はパニックになってしまうでしょう。日頃からガラス修理を予想して生きている人なんてほぼいません。パニックになってしまったときはまず落ち着きましょう。割れたガラスに不用意に触れて怪我をしてしまってはいけません。落ち着いて正しい方法でガラス修理を行うのが大事です。ここでは、自分でできるガラス修理の方法について見ていきたいと思います。

比較的小さな破損に際して行うこと

石がコツンと当たってしまい、小さなヒビが入ってしまったなどのケースがガラスの破損において一番多いです。比較的重くない損傷です。そんなときにすぐにできるガラス修理の方法としては、市販のガムテープを用いるのが簡単で手軽です。ヒビの入った部分をガムテープで貼りましょう。紙製のものよりも布製のものの方が適しています。ですが、注意が必要です。ガムテープは熱にあまり強くありません。直射日光に当たってドロドロに溶けてしまうということもあります。できれば、ガムテープよりもキッチンテープといった台所など熱に晒されているところで使えるような熱に強いテープを用いるのがオススメだと言えます。カー用品のフロントガラスの補修剤である専用のパテを用いるのも良いと言えます。

大きく破損してしまった場合について

次はガラスの大きな破片が飛び散ったなどの大きな損傷についてです。まず破片に十分気をつけてガラスを取り除くことから始めましょう。要らなくなった靴や手袋をつけて安全対策をするのが良いです。次にサッシを外しましょう。サッシを取り外したら、次はサッシのまわりにある丸いゴムのキャップを外してください。そうするとビスが出てきますので、次はそれを外します。ビスを外すと枠が露出しますので新しいガラスに変えましょう。そうすると新しいガラスに変えることができました。その後はガラスを外したときと反対の順で戻します。最後にシリコンでコーティングすると良いでしょう。ガラスを変えるのに適切な方法を知っておかなければ失敗する可能性もあります。これを機会に道具を揃えるなどして準備すると良いでしょう。