生活を送っていると、不注意にガラスを割ってしまうことがあります。割れてしまった場合では、簡易的に補修を行う方法がありますが、防犯上としても室内環境を良好にするためにも完全に修復することが良い方法になり、一般的にはガラス修理を専門に行っているお店に依頼することで直すことができます。しかし、人によってはDIYのように自らが修理することを希望されている場合もあり、このケースではいくつかの事例を挙げることができます。自らがガラス修理を行う場面では、一定の知識を得ておくことも大切になるので、修理可能な範囲というものを知った上で直すことが必要です。現在では便利なガラス修理店も存在しているので、自己修理を行うことを希望されている方でも柔軟に対応できる場合もあります。

自らがガラス修理を行えるケースの内容

ガラスが割れてしまった場合では、木製品などとは異なり、所有者が自らガラスを作り出すことは非常に困難な状態に陥ってしまうことがあります。しかし、ガラス修理店を利用した場合では、ガラスだけを作ってもらうことができるので、はめ合せに関しては自ら施工することも不可能ではありません。そのために条件にマッチしているケースの場合では、ガラスが収まっているサッシを分解することができる状態であることが前提です。木材を使ったサッシの場合では、釘打ちでモールが固定されていることが多く、簡単にガラスを外すことができ、取り付けも自由に行えます。金属サッシの場合ではネジで固定されていることが多いので、四隅のネジを緩める方法でガラスを外すことができるので、このようなケースの場合では、自分で修理することも可能になります。

ガラス修理店に依頼を行う方法について

自分でガラス修理を行う場面では、ガラスを全てサッシから取り外すことが必要とされています。その後はガラスのサイズを計測することが必要になり、縦と横のサイズ、そして厚みも計測することが求められています。ガラス修理店では必要としているガラスをカットしてもらうことができるので、予めサイズが分かっている場合では、簡単に注文を行うことができます。厚みに関しては計測することが難しい場合もありますが、このような状態にある方の場合では、割れたガラスの破片をガラス修理店に持ち込みを行う方法で、問題なく対処することができます。持ち帰ったガラスに関しては、縦横のサイズを照らし合わせてサッシにはめ込みを行うだけの簡単な作業になるので、サッシを分解できる場合では、比較的簡単に施工することができます。

お支払い方法は、現金のほかカードのご利用も可能となっております。 空き巣や泥棒のガラス修理には、修繕費用として火災保険がお使いいただけます。 ガラスのトラブルは、お電話・作業・完了までスピーディーな対応を行っています。 20:00~24:00までの夜間時間の受付に関しては、別途4,200円が必要となります。 フリーダイヤルにて365日年中無休で受付中!お気軽にお電話ください。 ガラス修理のことなら【ガラス修理の緊急隊】におまかせ